美肌になる方法と対策

美肌の条件とは

美肌を作る方法や美肌に良いとされる化粧品は多々ありますが、そもそも美肌とはどんな状態を指すのでしょうか。

シミがない肌、潤っている肌、透明感を感じる肌などいろんな肌の状況を想像する人が多いかと思います。個人的な理想は多々ありますが、実際どのような状態が一般的に理想なのかを知ることでより美肌に近づけると考えられます。

以下は美肌の条件について述べていきます。

まず肌の働きを簡単に説明します。

肌は外側から表皮、真皮、皮下組織で構成されています。皮下組織は栄養や酸素を吸収し、細胞内の老廃物や二酸化炭素を血管内に戻す働きがあります。

真皮ではそれらの栄養や酸素を利用して、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの物質を作り、ハリとつやのある肌を作ります。

一番外側の表皮は、古い角質を垢として排出したり、紫外線などの外的な要因から細胞を守る役割があります。
この一連の流れを繰り替えすことで肌は常に健康的な状態を保持しており、それを一般的にターンオーバーと言います。

これを踏まえた上で改めて美肌の条件とは、「シミがなく透明感があり、きめが整っていること」「シワがなくハリや弾力があること」「肌の表面が潤っていてしっとりしており、滑らかで、柔らかくて、血色が良いこと」が挙げられます。

この場合の透明感とは、古い角質が表皮上にたまり黒ずんでいないということです。またこの古い角質は放っておくと化粧水の浸透を阻害したり、紫外線などの外的な要因を防ぎきれなかったりなどして、うるおいや滑らかさに影響します。

つまり若々しい、健康的で、潤いのある肌作りをするときは、上記に記したような肌の働きをまず理解し、何が美肌なのかを理解することがより美肌へ近づくことになるのです。