美肌になる方法と対策

HOME >>  美肌について > 美肌への飽くなき道

美肌への飽くなき道

学生時代からずっと肌のトラブルは尽きませんでした。

最初は思春期に大量に出現したニキビ。その次はお化粧を始めたことと、生活環境がガラッと変わったことで極度の乾燥肌になって吹き出物などのトラブルに悩まされ、20代中盤を過ぎた頃から絶えず大人ニキビに悩まされてきました。

会社に行くにはメイクをしないわけには行きませんし、皮膚科で保険対象外の治療も行ったこともありますが、私の場合は根治には至りませんでした。それでも美肌を諦めきれず、敏感になりきってしまった自身の肌を何とか改善しようと、あらゆる手段を試してきました。

肌にトラブルや悩みを抱えている多くの人がまず行うべきは、そのトラブルは何によって引き起こしているかという原因を突き止めることなのです。使っているスキンケア商品、スキンケアの手順、生活リズムなど、肌に関係するあらゆることを見直していきます。

肌のトラブルというのは、多くは乾燥が引き起こしていると言われています。乾燥によって肌のバリア機能が低下し、それまでは何でもなかった外的刺激でダメージを受けるようになってしまうのです。

肌が敏感な状態ではスキンケアのプロダクツであっても外的刺激となってしまう場合があるのです。ダメージを受けた肌はストレスをため込み、色々な症状となって顔の表面に現れてしまいます。

ではどういうことが肌を乾燥させてしまうことに繋がってしまうのか。

洗顔する際の泡立てについては、泡で洗うことが随分認知度があがってきましたが、ではお湯の温度に関してはどうでしょうか?熱々のお湯を使うのか、冷たい水をつかったほうがいいのか。

正解は35度前後のやや温めのお湯を使うことが正解です。これはとても重要で、それ以上であれば肌は洗顔の度にどんどん水分を奪われて乾燥し、それ以下では肌は老廃物を落としきることが出来ず、肌の上に残った老廃物によってやはりどんどん乾燥していってしまうのです。

こういったことをもう一度よく理解し知識を深めることが美肌への第一歩へと繋がっていくのです。