美肌になる方法と対策

HOME >>  美肌について > 美肌の決め手は肌の肌理

美肌の決め手は肌の肌理

美肌になるには、肌の肌理を整える事がキーポイントです。

肌理とは肌の細かい三角形の丘とそれをつくっている溝の事で、手の甲を見てみると分かりやすいでしょう。この三角形が綺麗に揃っていると肌理が整っている事になり、三角形の形が流れていると肌理が乱れているという事になります。

肌理が整っている肌は、光の反射を良く受け肌が綺麗に見えますし、肌理が流れているといくら化粧品で水分を与えても保湿成分や美肌成分が肌から流出してしまい、せっかくの化粧品も使用する意味がなくなってしまうのです。ですから、美肌のためには肌の肌理を整える事が大切なのです。

肌の肌理を整える為には、なによりも肌を擦らない様にしなければなりません。肌は、何よりも摩擦に非常に弱いからです。

洗顔時にゴシゴシと擦ったり、毛穴が汚れているからといって無闇に洗顔ブラシの様な刺激の強いもので肌に摩擦を与えるのは避けましょう。

また、摩擦の他に肌の肌理を乱す大敵は乾燥になります。特にオイルクレンジングといった、クレンジング力の強いメイク落としを使用する事は乾燥の原因となり、肌理を乱す事になってしまうのです。

肌の肌理が乱れると、いくらスキンケアで保湿しても乾燥は収まりにくいですから、悪循環になってしまうのです。

更に肌に合わないピーリングなどを頻繁に行うと、肌理がなくなってメイクノリも悪く化粧をしても直ぐに崩れて汚くなってしまいます。

このように、肌の肌理が乱れてしまうと美肌からドンドンと遠のいてしまうという訳なのです。

美肌になるためには、この肌理を乱さないように、肌を摩擦と乾燥から守り丁寧なケアをする様にしましょう。攻めるケア以上に、こうした守りのケアで肌の肌理は整って美肌になる事が出来るのです。