美肌になる方法と対策

HOME >>  美肌について > 美肌であるための過ごし方

美肌であるための過ごし方

美肌でいるためには、身体の内側と外側からの両方からの働きかけが大切です。

外側からの働きかけとは、毛穴をふさいでいるお化粧をしっかりと落とすことや、紫外線による色素沈着を防ぐために肌を守ることなどがあげられます。

お化粧を落とす際もまた朝起きて洗顔をする際も、ゴシゴシこすって肌に負担をかけることは禁物です。毛穴の奥まできちんと汚れを落とすためには、できれば良質のクレンジングオイルをお薦めします。そして汚れを落とした後はしっかりと保湿をします。肌から水分が抜けていくのを防ぐためです。

汚れをしっかり落として保湿をしたとしても、無防備に紫外線をあびてしまうと肌はぼろぼろになります。ですので、春先からしっかりと日焼け止めの対策をするべきです。また、つばのある帽子や日傘なども活用して肌へのダメージを防ぎましょう。

次に、内側からの働きかけですが、これは食生活を大切にすることです。

腸内環境が良ければ、確実に肌の状態がよくなります。くすみや肌荒れなどのトラブルとは無縁になります。ですので、絶えずデトックスを心がけた食生活を心がけるべきです。

砂糖の質も重要で、白砂糖よりもてんさい糖やメープルシロップなど天然の甘味料を使用するとシミなどのトラブルも軽減されます。

そして、発酵食品は美肌にとって不可欠な食品です。味噌汁、ヨーグルト、漬物いろいろありますが、味噌汁は最強の一品です。出汁の中のかつおや昆布にも良質のアミノ酸が含まれている上に味噌が加われば、元気の源になります。

さきほど、砂糖について触れましたが、精製されていないものがよいのでお米も白米よりは玄米をおすすめします。

美肌であるためには、まず身体の健康が第一といえるかもしれません。