美肌になる方法と対策

HOME >>  美肌について > 美肌作りのために大切なこと

美肌作りのために大切なこと

美肌作りのためには、まず土台となる角質層を整える必要があります。

角質層の状態が良いときというのは、角質細胞が規則正しく積み重なり、それらの間には細胞間脂質がセメントのように埋まっています。

しかし、加齢やターンオーバーの乱れなどにより細胞間脂質が減少すると、角質層に隙間が生じてしまいます。また、レンガのように積み重なっていた角質細胞は、崩れた格好になってしまいます。

角質層がこのようになってしまうと、肌のバリア機能は低下します。水分蒸散を防げず、紫外線やホコリといった外部刺激に弱くなるのです。

こうした状態になるのを避け、角質層の状態を良く保つためには、スキンケアでセラミドを補給することが大切です。セラミドは、細胞間脂質の約半分を占める成分なので、補給によって肌のバリア機能を強化できます。さらに水分を保持する力も高く持っています。

セラミドを補えば、肌はふっくらとしますが、それだけでは物足りないかもしれません。もちっとした質感も得たいなら、同時に油分を補う必要があります。油分は過剰になると、ニキビや脂漏性皮膚炎などの肌トラブルを招くことがあるので、適度に補うようにすると良いでしょう。

スキンケア以外では、きちんと睡眠をとることも重要になります。眠っている間には成長ホルモンが分泌されて、そうして肌は修復・再生されます。美肌作りのためには、睡眠不足にならないだけでなく、深く眠って、成長ホルモンがたっぷり分泌されるようにしたいものです。

深く眠るにはどうすれば良いのかというと、就寝する一時間ほど前に、ぬるま湯に浸かったり、軽くストレッチをしたりして、体温を少し上げるようにすると効果的です(上げすぎると逆効果になります)。

他には、シミや皺などの原因になる紫外線対策が重要ですが、多くの人がすでに行っていることでしょう。

以上のようなことが、美肌作りにおいて、基礎になるのではないかと思います。